Home > 宮城
某S市のトンネル
場所:SHI市
投稿者 仙台藩主#MORO [i121-114-98-155.s05.a004.ap.plala.or.jp]

これは、その市に住んでいる伯母さんからの話です。その市の北部のトンネルは霊が出没すると聞きました。以前の事でした。伯母さんが夜カラオケをして帰る時に私の母に「早く帰りたいけど、あのトンネルは出るんだよ。だから遠回りして帰るよ」と言ったのです。そのトンネルの情報としては、特に夜間が危険で、そのトンネルに向かうと、白い着物を着た女性の霊が出るというのです。その事は、知っている人は特に夜間には絶対通らないらしいのです。少し狭く、古いトンネルらしいのです。私は実際に行った事はないのですが、ネットの地図を見てもそんなトンネルは無かったし、サイトを調べてもらりませんでした。その付近は駅があり、大きな川と橋がかかっているらしいのです。誰か知っている方いましたら、情報を教えて下さい。


投稿者 仙台の人 [c202-180-185-224.customer.mni.ne.jp]

仙台に住んでます。
場所を具体的に教えてくれると分かるとおもうんですが。


投稿者 心霊好き [softbank221039157133.bbtec.net]

おそらく、東白石駅界隈ではないでしょうか??

他は、小原トンネル群は・・・

別に、一つのスポットとしてあるので

そこは、違うと思います。


投稿者 心霊大好き [p57b07e.miygnt01.ap.so-net.ne.jp]

それは七○宿の道の駅ではないですよね・・・?
そこの近くだとトンネルもあるし、ダムにつながる川も流れています。
そして、橋も架かっています。
そこの橋も心霊スポットらしいですよ。
遊び半分で行かないように・・・


投稿者 田舎人 [softbank219053092006.bbtec.net]

○パッシュ○ンド付近じゃないでしょうか。
前に祖父からそんな話を聞いたことがあります。



投稿者 S高生 [KD175109154118.ppp-bb.dion.ne.jp]

東白石駅の近くだと思いますよ

大きな川は白石川、名前わかんないけど電車から大きな橋が見えます。

地元では有名な話です。

戦後の飢えた人たちがそのトンネルを通ってた汽車に身を投じてたらしいです。


投稿者 近所の市民 [u611191.xgsfmg21.imtp.tachikawa.mopera.net]

国道1?3号線沿いでS石市経由で隣県のY沢市へ抜ける道だと思うのですが・・・

そこはトンネル&ダムもあり数多くのスポットがある感じですね・・・

ほんとに必要性が無ければいかない方が良いと思います。


投稿者 エターナル [softbank126016003024.bbtec.net]

トンネルの話は超有名です。
僕はH中学校の生徒なんですが、とある理科の先生がそのトンネルであった実体験の話をしてくれたことがあるんです。

内容を簡単に書くと、

1、そのころ中学生で馬鹿だったから調子に乗って友達5人引き連れてそのトンネルに言った。

2、百物語(百物語を話し終わると最後に何かが起こる・・と言われている話)をすれば心霊スポットだし幽霊来るっしょって事で始めた。

3、話し終わってそろそろ寝ようとしたらトンネルの奥から石(?)を投げる音が聞こえてきた。。。

4、その時間帯は深夜の2時ごろ・・丑三つ時と言われてる時間帯。。

5、音が近くでなり終わった・・真面目に寝よう!となったところで聞こえた男の低い声

「もう終わり?」


投稿者 土井君 [global221-2-082.aitai.ne.jp]

僕の地元なんですけど、愛知県から、岐阜県に入る途中のトンネルにて、
偶然撮影していたら、紫色のノイズがはしっているんです。
1991年に建設されたらしいんですけど、死者が出たみたいで、2人事故死、
1人自殺してしまった.......


投稿者 PM. [om126161032057.8.openmobile.ne.jp]

塩竈市の吉津トンネルじゃないの?
某S市ってなってるし。
北の方だし。

確かにあそこは不気味だわ。
行けば分かる。



投稿者 響 [KD182249246025.au-net.ne.jp]

白石のスパッシュランド付近に赤い橋が架かっていて、そのすぐ近くにトンネルがある。
廃ホテルもあった気もするけど、あれは七ケ宿だったかな。
東白石駅の幽霊は自殺した女の子ではなかったかな?


情報追加

お名前(必須 30文字まで):

メールアドレス(30文字まで):

投稿内容(必須):

削除パスワード(必須):

画像認証パスワード(必須):


下の文字を入力してください
ありがとうございました。

トップページ