Home > 宮城
愛宕、広瀬河畔の謎の横穴は・・・
場所:仙台市太白区愛宕
投稿者 真相 [ntmygi042161.mygi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp]

旧軍施設、地下刑務所の噂がある愛宕、大年寺、広瀬川河畔の横穴群。


その正体は 青葉電気工業発電所(仙台愛宕下水力発電所)跡。
大正9年(1920年)に建設され、翌年開業。
昭和4年(1929年)頃には操業を停止していたとみられている。

また、愛宕、大年寺、広瀬川河畔には、7世紀後半 - 8世紀初頭、愛宕山横穴墓群、
大年寺山横穴墓群、宗禅寺横穴墓群があり、浮浪者が住みついたり、第2次世界大
戦中には防空壕で利用されていた。

なお、愛宕近辺は空襲での延焼はなかったと思われる。


投稿者 歴史好き [wb79proxy05.ezweb.ne.jp]

当時の焼失区域図を見ると、仙台市内の類焼は荒町小学校の北側で止まっています。
ですが、現在のT学院大学から南に数十メートルと、向山3丁目と向山4丁目が接している地域では小規模な焼失があったそうです。


情報追加

お名前(必須 30文字まで):

メールアドレス(30文字まで):

投稿内容(必須):

削除パスワード(必須):

画像認証パスワード(必須):


下の文字を入力してください
ありがとうございました。

トップページ