Home > 宮城
秋保大滝、その裏滝、崖
場所:秋保大滝、その裏滝、崖
投稿者 根岸交差点の側に住んでる男 []

二年前、秋保大滝に大学の友人三人で、でかけました。


その前にも、私は単独で何度かでかけています。
滝壷に、右手から流れてくる、渓流があるのですが、そこを遡ってゆくと、もう一つの滝があります。
四方を崖に囲まれ、閉鎖された場所です。
その途中で、書置きを見かけたことがあります。
良くある、恋愛のもつれの、自殺とは関係なさそうなものでした。


その日、我々は、なんだか、熱に浮かされた様でした。
裏の隠れ滝に辿り着くと、友人は、何を思ったか、崖を上り始めました。
サンダル履きで。


数分後、進退きわまったところで岩が落ちてきて、友人は親指の付け根を骨折しました。
あれが頭に落ちてきていたら・・


また、深夜に、彼女とドライブをしていて、
展望台で写真を撮ったのですが、
その際彼女が、祠を踏んでしまいました。


わたしは、すぐに「すみませんでした」とあやまりました。


彼女は、そのこととは無関係だと思うのですが、不安症候群、という神経症にかかり、今でも薬を飲んでいます。


むかし、住職が、世界平和を祈願して、身を投げた、ということは知っていたのですが、ほかにも、多くのかたが、自殺していたということを知り、いまさら、驚いています。


あの書置き・・・


投稿者 さより [sndi037n005.ppp.infoweb.ne.jp]


こんばんは...ここの大滝には、2度位行ったことがあります。 初めてドライブがてらに

つれられて行った時は 特に気にならなかったのですが、自殺の名所と言うことも知らず

滝の下の川辺まで行って見ました。一緒に行って人はよく来てると言う話だったのですが、

私は、家からは以外と近い印象だったのですが、今まで誰もつれていってくれなかったのは

どうしてなのか?? その時は思いました。 印象としては、少し重い感じだけど綺麗な所...

何となく引かれるものがあり 暫くして、ある人にドライブに誘われて、行ってみたい所は

ある?? って聞かれたので、色々考えた末に秋保大滝へ行きたいなぁ...と無意識のうちに

私は話し...行くことになった。 その時は昼ころから出たのですが、道に迷ってしまい

なかなか着かなくって...着いた頃には夕方になっていました。 せっかく行ったから下の方

まで行って見ようと話して...薄暗くなった道を川へ向かい降りて行きました。川へ着いた時に

は、あまりの渦の凄さと暗さですぐ帰ることにしました。その時そこで、見たものは釣りをして

いる老人でした。 気のせいかとは思いますが、今考えて見るとあの時間に釣り?? 変だった??

人の自由もあるので、何ともいえませんが... 不思議な感じがしました。

その後 もう一度大滝へ行こうとなぜか思って別な友達に話したんだけど...つれて行って

くれなかった!! なぜ惹かれたのか?? 最近になってそうか!! 呼ばれてたんだって分かっ

た... 今考えるとその後 行かなくって良かったと思う。 道に迷ったのはただ単に

方向音痴だったのかなぁ...でも道に詳しい人だったんだけど....


投稿者 ポポ [p2138-ipbf05aobadori.miyagi.ocn.ne.jp]

僕は地元の者です。夏休みに滝つぼから30メートルほど下流の所で泳いで遊んでました。とても深くて怖かったのですが、5メートルほどの岩から飛び込みをして遊びました。水が冷たくて震えが止まらなかったです(笑)本題ですが、この場所は、自殺する方は多いですね。しかし、未遂で終わる人もいました。なぜ、自殺しようとするのかというと、自殺を考えている人の心理の方は、この場所に来ると、吸い込まれそうな感覚になり、ほっとする安心する気持ちになり、この場所ならば、身を投げてもいいかもという心理におちいります。まあ、恐怖を感じないということです。普通の心理ならば、見たら綺麗だなとか、すげーとか、ちょっと怖いって思うのが普通の精神状態ですね。とにかく、この滝は、死の世界にもつながっているのかもしれませんね。自然とは生と死の両方の性質を持ってますからね。ぜひ、一度この滝を見て自分はどう感じるかなと試してみるのも面白いかもしれませんね。


投稿者 ザラキ [proxy10039.docomo.ne.jp]

夜も昼もきたけど、昼滝の下で泳いだけどマジ最高だった 玉こんマジ最高だった


夜は不気味っていっちゃあ不気味だけど


もっと怖いとこは沢山あります


情報追加

お名前(必須 30文字まで):

メールアドレス(30文字まで):

投稿内容(必須):

削除パスワード(必須):

画像認証パスワード(必須):


下の文字を入力してください
ありがとうございました。

トップページ