Home > 宮城
七北田方面に向かう道
場所:愛宕上杉通
投稿者 マチコ []

愛宕上杉通りの延長線上にある、このあたり(上杉)に住んでいた経験があるのですが、夜中に風もないのに、ドアが勝手に開いてはしばらくして閉じたものです。当時は全然不思議に感じていなかったんですが、よくよく考えると兄の部屋のドアは開かない。引っ越した先のおうち(ときわ台(注)団地入り口になぜか古い地蔵あり)でも、私の部屋のドアだけ、勝手によく開いて、開きっぱなしになっていました。それに、「みしみし」とか「ぱきーん」という音もひんぱん。まあ、誰か通りすがりの霊でも通っていくのならいいや。姿を見せたりたたりを起こさないなら通らせておけって放置してました。
祖父も堤通雨宮でこの界隈なのですが、「悪いものが集うから、窓は絶対締め切るな」と
生前申していたものです。こういう霊の流れは流れるままに無視したほうが良いのでしょう。

先日もと同僚にこの話をしたら、彼女の場合は七北田川沿いの八乙女側アパートなのですが、舎利道を早足で駆け抜ける音だけを毎日きいたそうです。姿は見ないけど走る音だけ毎日聞こえるそうです。人が走るとは思えないものすごいスピードで毎日駆け抜けるそうでした。
この道がかつて処刑人を運んだ裸馬の通路という噂も案外本当かもしれませんね。


投稿者 ああああああ [gw.sugawara.ac.jp]

その七北田のアパートって、ピンクのたてもの??


投稿者 ひいいいいいい!! [chbf2191029152.gemini.broba.cc]

あなたがたは、しらないかもしれないが、とある地方では、女性の名器のこと愛宕山ともうすのですよ~!(笑)


投稿者 ちゃんちゃん [p43acb4.miygnt01.ap.so-net.ne.jp]

そこは事故おおいね。


情報追加

お名前(必須 30文字まで):

メールアドレス(30文字まで):

投稿内容(必須):

削除パスワード(必須):

画像認証パスワード(必須):


下の文字を入力してください
ありがとうございました。

トップページ